失業したらしなければいけないこと

失業したらまずは失業保険の手続きを。どういった条件で、どういった手続きが必要なのか?頭に入れておくと良いでしょう。まず、失業保険とは通称「雇用保険の失業給付」というもので実際に失業保険と言う名前の保険はありません。

会社勤めをしている方が万が一失業した場合に、生活に必要な資金を確保するために再就職するまでの生活費を国から支給してもらえるという制度です。日本は失業率の高い国。経済的にも厳しい状況に置かれています。ですが、国総出で失業者の救済を行っているのですから、早く再就職するためにも大いに活用したいですね。

どんな人がもらえる保険なのか

失業保険はもらえない人もいます。再就職が決まっていない人を前提として設けられている保険制度ですが、受ける為には「この先も働く、再就職先を探しているという意思と能力」と「雇用保険に加入していた期間」が必要です。たとえば、足を骨折していては働けませんから受給することはできません。ニートを目指している方ももちろんもらえません。詳しくは《失業保険受給の条件》を見ていきましょう。

必要な手続きは?

条件をみたしているならすぐに手続きを開始しましょう。手続きには離職票などが必要です。勤務していた会社から、退職後自宅に送付されます。必要な書類に関しては《失業保険手続きに必要な書類》をご確認下さい。また、手続きについては《失業保険手続きの手順》をご覧ください。

どれくらいの期間やお金がもらえるのか?

もらえる金額は、年齢や雇用保険に加入していた期間、退職の理由などで大きく変化します。正確な金額や期間はおいおいわかりますが、所定の計算式にあてはめるだけである程度は計算することはできます。ご自身で計算する場合は《失業保険の金額を計算》で計算してみてください。また、もらえる期間も同時に当てはめてみてください。

再就職手当とは

失業保険を受給している間に再就職が決まった場合、もらいきっていない失業給付の一部を、再就職手当としてもらうことができます。「お祝い金」のようなものですね。再就職手当でももらうために条件があるので、注意して再就職活動を行いましょう。くわしくは《再就職手当をもらうには》をご参照ください。

  • 《失業保険受給の条件》
  • 《失業保険手続きに必要な書類》
  • 《失業保険手続きの手順》
  • 《失業保険の金額を計算》
  • 《失業保険がもらえる日数を計算》
  • 《再就職手当をもらうには》

その他読んでおいたほうが良い失業保険にまつわるお話

  1. 《失業保険の受給金額は退職理由で大きく変わる》
  2. 《失業保険受給中のアルバイトについて》
  3. 《病気で退職した場合は?》
  4. 《失業保険を不正受給していたときの罰則について》
  5. 《特定受給資格者について》
  6. 《特定理由離職者について》

健康保険について

離職するということは保険や年金にも加入していない状態になります。そこで、国民健康保険の加入または健康保険の任意継続が必要です。被扶養者になっても保険に加入することができるので、必要な条件、手続きなどをあてはめて覚えておきましょう。

■国民健康保険へ切り替える
■健康保険の任意継続
■被扶養者になって保険に加入する
■国民年金へ切り替える
■被扶養者になって年金を支払う

退職後の住民税について

退職しても住民税は支払わなければいけません。住民税は昨年の年間所得から計算されるので、1年間決定された税額が変わることはありません。だから失業中でも支払わなければいけないのです。退職後の住民税についての詳細は《退職後の住民税納付について》をご参照ください。

■《退職後の住民税納付について》
■《確定申告について》

About ココロマン
アラサー主婦。生活に関するハウツー記事が得意。主に福祉関係や保険など。恋愛コラムや生活に関するハウツーなら何でもOK♪将来子供が誇れるようなカッコイイ主婦を目指しています。