失業保険給付を受けるための条件

失業保険とは会社を退職して再就職するまでの間の生活支援金として支給される保険。誰でももらえるなら貰っておきたいですよね。失業保険給付を受けるためには条件があるので、その条件に当てはまらなければ貰うことはできません。

雇用保険に加入していた期間について

まず、雇用保険に加入していた期間によって受けられない場合があります。会社へ勤めた際に、雇用保険に加入していたら退職した日から通算12か月加入していた場合のみ受けることができます。11か月以下だと受けることはできません。

通算6か月でも受けることができる場合があります。それは、特定受給資格者または特定理由離職者の場合です。特定受給資格者の詳細は《特定受給資格者について》へ。特定理由離職者の詳細は《特定理由離職者について》をご参照ください。

雇用保険に加入していた期間のことを「被保険者期間」と呼びます。退職した日からさかのぼり計算していくのでわかりにくいという場合は退職したときにもらう「離職票」や「雇用保険被保険者証」で加入期間を調べましょう。

 

その他の条件

最低、3つの条件があります。「再就職するための意思」「いつでも再就職できる家庭環境や健康状態がある」「求職活動を積極的に行ってはいるが就職できていない」この条件にあてはまると、失業保険給付が受けれるようになります。1つでも条件に当てはまっていない場合はもらうことができません。

退職したら失業保険を必ずもらえる・・・ということはありえません。生活支援金ですから、必ず次の就職先をすぐに見つけることを約束してもらうものです。失業保険を受けられる期間にすべて受給するのもおかしいことではありません。ですが、その間求職活動はずっと続けておく必要があります。

 

失業保険受給資格をもらえても、月に1度は求職活動情報をハローワークに報告へ行ったり、就職が決まるとすぐに報告へ行く義務があります。受給中のアルバイトにも制限がかけられるので注意が必要です。

About ココロマン
アラサー主婦。生活に関するハウツー記事が得意。主に福祉関係や保険など。恋愛コラムや生活に関するハウツーなら何でもOK♪将来子供が誇れるようなカッコイイ主婦を目指しています。